■生活習慣病について


生活習慣病とは実はとくに明確な定義があるわけではありません。どこまでが生活習慣病で、どこからがそうでないのか、という問いに答えるのはなかなか難しいといわざるをえないでしょう。基本的には、生活習慣によって引き起こされる病気の全てを生活習慣病といえるのですが、より原因が生活習慣に限られているものを慣習的に生活習慣病と呼んでいるのが実態です。

全体として、なかなか症状に表れにくいものが多いという特徴があります。日常生活の積み重ねによって病気が引き起こされ、なかなか発見しにくいという二重の意味で、早期発見・早期治療が難しいということができます。それだけに日頃の検査が重要です。

たくさんある生活習慣病のなかでも、がん・心臓病・脳卒中は「三大生活習慣病」と呼ばれることがあります。このがん・心臓病・脳卒中の三大生活習慣病で死亡する日本人は、60パーセントに昇るといわれています。三大生活習慣病はそのまま三大死因でもあるのです。

生活習慣病は種類も多く、あまり顕著な自覚症状がでることが少ないので、細かな変化に気をつける必要があります。カラダ全体の機能に関わる病気が多いので、症状は全身のあらゆる部分にでます。すこしでも気になる部分があったら、医師の相談を受けるようにし、また、なにも変化がなくても定期的に健康診断をうけるようにするとよいでしょう。

スポンサードリンク

■本サイト人気コンテンツ


★ 自分で出来る生活習慣病の検査
生活習慣病に対する関心が急速に高まる中、生活習慣病を自宅で検査できる自己検査キットも最近はいろいろなものが出回っています。メタボ検診が義務付けられているから・・・ 続きを読む

★ 食事と運動による生活習慣病の予防
活習慣病の予防には、食事の方法自体もとても重要です。基本的に、食事は良く咀嚼する事、つまりよく噛んで食べることが大事です。噛むという行為は、食物を小さくして消化・・・ 続きを読む

★ 朝食抜きが生活習慣病の原因に
最近、特に若い世代中心に、朝食を取らない人が増えているようです。20代は男性の3人に1人、女性の5人に1人が朝食抜きと言われています。夜型人間が増えているため・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
◆ 子供の生活習慣病
◆ 有酸素運動の有効性
◆ 生活習慣病と保険の関係
◆ 睡眠との関係
◆ 食事による治療法