■生活習慣病の原因〜遺伝と老化〜


生活習慣病には、それぞれの病気に対して個人個人でなりやすさが違ってきます。同じような生活をしていても、特定の生活習慣病になる人もいればならない人もいます。

糖尿病、高血圧、ガンなどを患っている人が家族・親族にいる場合、絶対ではありませんが、一般的に同じ生活習慣病になりやすいといえます。最近では、遺伝子によって疾病発生率が明らかになりつつあり原因となる遺伝子が特定されたりしています。

このように、生活習慣病に遺伝的な要因があることはハッキリしていますが、実際にはそれと同時に病気の発症に至る過程で、やはりその人個人の生活スタイルも関与していることは明らかです。とくに高血圧や糖尿病などは後天的要因も大きな割合をしめているので、自らの心がけでかなりの確立で予防することができます。

人間の体は年を追うごとに体の機能が衰えていきます。実はこれ自体が生活習慣病の原因となってしまいます。老化現象とは、たとえば血管の細胞が老化すると、多くの人は動脈硬化が徐々に進行していきます。

このような動脈硬化は、狭心症や心筋梗塞など心臓病の原因となるほか、脳の血管をもろくして脳梗塞や脳出血などの脳卒中を招いてしまうこともあります。ほかには、老化すると免疫力が低下するので、がん細胞に対する抵抗力が衰え、がんの発生率も高くなります。このような老化現象は避けようがありませんが、少しずつ日々の暮らしのなかで若さを保つ努力をしていれば、老化を遅くすることは可能です。

スポンサードリンク

■本サイト人気コンテンツ


★ 自分で出来る生活習慣病の検査
生活習慣病に対する関心が急速に高まる中、生活習慣病を自宅で検査できる自己検査キットも最近はいろいろなものが出回っています。メタボ検診が義務付けられているから・・・ 続きを読む

★ 食事と運動による生活習慣病の予防
活習慣病の予防には、食事の方法自体もとても重要です。基本的に、食事は良く咀嚼する事、つまりよく噛んで食べることが大事です。噛むという行為は、食物を小さくして消化・・・ 続きを読む

★ 朝食抜きが生活習慣病の原因に
最近、特に若い世代中心に、朝食を取らない人が増えているようです。20代は男性の3人に1人、女性の5人に1人が朝食抜きと言われています。夜型人間が増えているため・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
◆ 子供の生活習慣病
◆ 有酸素運動の有効性
◆ 生活習慣病と保険の関係
◆ 睡眠との関係
◆ 食事による治療法