■生活習慣病の原因〜食生活など〜


われわれ日本人の食生活は、高度経済成長期に急激に変化したといわれています。海外との貿易が盛んになり、日本から大量の工業製品が輸出されていく一方、海外から食文化を含めさまざまなものが輸入されました。食生活に関して言えば、魚食に変わってだいぶ肉食に傾きました。いわゆる食生活の欧米化です。

それまでの質素な和食にかわって、肉類や卵、パンにつけるバターなどの乳製品の摂取が増え、総カロリー増えると同時に動物性脂肪を摂取する機会が増えたといわれています。その結果、適正範囲を超えて体重が重い人が増え、これが原因で糖尿病や高血圧などの生活習慣病のリスクが高くなりました。このことを参考に、自らの食生活をきちんと反省してみてください。

また、酒やたばこも生活習慣病の原因となります。お酒に関しては、飲む量が適切な範囲であればストレス解消、精神的なリラックス効果もありますが、過度になると肝臓などの内臓に負担がかかり、糖質の大量摂取にもつながり、糖尿病、高血圧、痛風といった怖い病気を招いてしまいます。喫煙は、肺がん、咽頭癌の発生の原因になったり、血管の老化をもたらし、動脈硬化に関与するしています。

車の利用が増え電車網が整えられ、交通の便がよくなったことと引き換えに、都会に暮らす人は特に、昔に比べて運動する機会が急激に減っています。運動不足はカロリーの消費や血液循環を悪くし、肥満の原因となり血圧、血糖値、コレステロール値、中性脂肪値などを増加させさまざまな生活習慣病を引き起こします。運動はストレス解消にもなるので、軽い運動であっても続けることで、いろいろな健康効果が期待できます。

スポンサードリンク

■本サイト人気コンテンツ


★ 自分で出来る生活習慣病の検査
生活習慣病に対する関心が急速に高まる中、生活習慣病を自宅で検査できる自己検査キットも最近はいろいろなものが出回っています。メタボ検診が義務付けられているから・・・ 続きを読む

★ 食事と運動による生活習慣病の予防
活習慣病の予防には、食事の方法自体もとても重要です。基本的に、食事は良く咀嚼する事、つまりよく噛んで食べることが大事です。噛むという行為は、食物を小さくして消化・・・ 続きを読む

★ 朝食抜きが生活習慣病の原因に
最近、特に若い世代中心に、朝食を取らない人が増えているようです。20代は男性の3人に1人、女性の5人に1人が朝食抜きと言われています。夜型人間が増えているため・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
◆ 子供の生活習慣病
◆ 有酸素運動の有効性
◆ 生活習慣病と保険の関係
◆ 睡眠との関係
◆ 食事による治療法