■生活習慣病の病〜高血圧〜


生活習慣病の代表的な病として高血圧があります。高血圧を確認するためには、血圧測定をしなければなりません。血圧は、朝起きてからの経過時間、緊張の度合い、姿勢などによっても変わってきます。したがって、血圧を測定するときは同じ時間帯で同じ場所、同じ姿勢で測るようにしてください。

血圧の最高値、収縮期血圧が140oHg以上が異常値になります。また、血圧の最低値、拡張期血圧が90oHg以上でも異常値とされ、これも高血圧としての対処が必要です。それ以外にも、その人の体格、ほかの合併症の有無など気をつけなくてはなりません。メタボリックシンドロームの方は、血管に対する負担を考えて130/85oHg以上を異常値とするなど、さまざまな基準が存在します。140/90oHgだけが基準値ではないということを覚えておきましょう。

実は、生活習慣病の病の中で一番多いのは高血圧です。現在の日本における患者数は3000万人以上いるといわれています。高血圧はとくに目立った症状がなく血圧が高い以外は自覚症状がないくて気づかない人もいるため、急に脳卒中や心筋梗塞など重篤な合併症を表してしまうケースと多いといわれます。これを防ぐためには、定期的な健康診断も大事なのですが、病院に行く時間がないという人は家庭で血圧計をもっておいて自分で計ることもできます。

高血圧にあるということは、常に血管や心臓に負担をかけているということです。リスクを減らすためにも、普段から自分の血圧を知っておくことでリスクのコントロールに役立るとよいでしょう。高血圧の主な原因は食生活の偏り、運動不足、肥満、アルコール、塩分の過剰摂取、喫煙、ストレスなどがあります。

スポンサードリンク

■本サイト人気コンテンツ


★ 自分で出来る生活習慣病の検査
生活習慣病に対する関心が急速に高まる中、生活習慣病を自宅で検査できる自己検査キットも最近はいろいろなものが出回っています。メタボ検診が義務付けられているから・・・ 続きを読む

★ 食事と運動による生活習慣病の予防
活習慣病の予防には、食事の方法自体もとても重要です。基本的に、食事は良く咀嚼する事、つまりよく噛んで食べることが大事です。噛むという行為は、食物を小さくして消化・・・ 続きを読む

★ 朝食抜きが生活習慣病の原因に
最近、特に若い世代中心に、朝食を取らない人が増えているようです。20代は男性の3人に1人、女性の5人に1人が朝食抜きと言われています。夜型人間が増えているため・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
◆ 子供の生活習慣病
◆ 有酸素運動の有効性
◆ 生活習慣病と保険の関係
◆ 睡眠との関係
◆ 食事による治療法