■生活習慣病の病〜糖尿病〜


生活習慣病の怖い病気として、糖尿病があります。糖尿病の検査は血液を採取して行います。

・随時血糖値が200mg/dL以上ある、
・早朝空腹時の血糖値126mg/dL以上ある
・75gブドウ糖経口負荷試験で120分後の血糖値が200mg/dL以上

このような場合に、糖尿病であると診断されます。普通は念のため、別の日に再検査を行います。数値がある程度、高ければ糖尿病予備軍ということになります。

糖尿病は自覚症状があまりでないために治療しないまま長期間経過してしまう場合がたくさんあります。このような場合は、徐々に糖尿病が進行して、怖い合併症を引き起こしてしまいます。

糖尿病が進行すると網膜症、腎症、末梢神経障害などが起こります。糖尿病による網膜症で失明する人は、年間3500人いるといわれており、これは失明原因としてもっとも多い数になります。糖尿病にいる腎症は重篤で、糖尿病によって透析を必要とするようになった人は、12000人ほどであり、これも透析導入においての最も多い原因になっています。

最近は、日本人に糖尿病が増えているとされ、厚生労働省は医療費削減のために様々な予防対策を打ち出しています。糖尿病の患者数は戦前とくらべると約50倍にも増えているといわれています。1990年代後半には約700万人、予備軍も合わせると軽く1000万人を超えているといわれています。2000年前半には、糖尿病患者はさらに増え、予備軍は1500万人に迫る勢いを見せているといいます。2010年になる頃には、糖尿病患者は1000万人を超えるといわれ、予備軍は2000万人に及ぶといわれています。

糖尿病の原因になる行為としてはカロリーの摂りすぎ、動物性脂肪の摂りすぎ、糖質の摂りすぎ、運動不足などで、結果的に肥満になっている人に多く見られます。ただし、やせ型の人にも糖尿病の方はいらっしゃいます。

スポンサードリンク

■本サイト人気コンテンツ


★ 自分で出来る生活習慣病の検査
生活習慣病に対する関心が急速に高まる中、生活習慣病を自宅で検査できる自己検査キットも最近はいろいろなものが出回っています。メタボ検診が義務付けられているから・・・ 続きを読む

★ 食事と運動による生活習慣病の予防
活習慣病の予防には、食事の方法自体もとても重要です。基本的に、食事は良く咀嚼する事、つまりよく噛んで食べることが大事です。噛むという行為は、食物を小さくして消化・・・ 続きを読む

★ 朝食抜きが生活習慣病の原因に
最近、特に若い世代中心に、朝食を取らない人が増えているようです。20代は男性の3人に1人、女性の5人に1人が朝食抜きと言われています。夜型人間が増えているため・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
◆ 子供の生活習慣病
◆ 有酸素運動の有効性
◆ 生活習慣病と保険の関係
◆ 睡眠との関係
◆ 食事による治療法