■生活習慣病の病〜メタボリックシンドローム〜


メタボリックシンドロームは、2005年4月8日に日本内科学会総会で発表されたもので、主に肥満による生活習慣病を招きやすい状態の患者さんのことをそのように呼ぶようになりました。

メタボリックシンドロームの診断は、ウエストのサイズによる内臓脂肪蓄積、そのほか血液検査で脂質代謝異常や血圧高値、空腹時高血糖を計り、その数値で判定されます。

メタボリックシンドロームは、特に脂肪代謝機能が悪化した内臓脂肪型肥満型の人に起こりやすいと考えられている高血圧、高脂血症、耐糖能異常などの疾患のことをいいます。そのままでは特に病気とはいえませんが、かなり危険な病気に発展しやすい状態であるといえます。

世界的にも注目されている症状で、とくに欧米の豊かな先進国にメタボリックシンドロームにかかる人が増えているといいます。大人だけでなく、子供のメタボリックシンドロームも増えているので、各国でそれぞれの国民の医療費を管理する役所などが対策に乗り出しています。WHO(世界保健機構)によれば、このメタボリック症候群に罹患している人は世界的に増え続けているとされており、特に米国では実に成人の約40%の人がメタボリックシンドロームに該当するといわれます。

日本でもやはりメタボリックシンドロームに悩む人が増えています。日本人のメタボリックシンドローム患者は推定で全国に940万人、予備軍は1020万人いるといわれており、合計で2000万人以上にもなります。年齢でいえば、中年以降の人に多く、また、性別では日本の場合は男性に多くみられるそうです。

スポンサードリンク

■本サイト人気コンテンツ


★ 自分で出来る生活習慣病の検査
生活習慣病に対する関心が急速に高まる中、生活習慣病を自宅で検査できる自己検査キットも最近はいろいろなものが出回っています。メタボ検診が義務付けられているから・・・ 続きを読む

★ 食事と運動による生活習慣病の予防
活習慣病の予防には、食事の方法自体もとても重要です。基本的に、食事は良く咀嚼する事、つまりよく噛んで食べることが大事です。噛むという行為は、食物を小さくして消化・・・ 続きを読む

★ 朝食抜きが生活習慣病の原因に
最近、特に若い世代中心に、朝食を取らない人が増えているようです。20代は男性の3人に1人、女性の5人に1人が朝食抜きと言われています。夜型人間が増えているため・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
◆ 子供の生活習慣病
◆ 有酸素運動の有効性
◆ 生活習慣病と保険の関係
◆ 睡眠との関係
◆ 食事による治療法