■食事による生活習慣病の治療


生活習慣病の治療や予防に関して、最も重要かつ簡単に取り組めるのが食事療法です。薬を使いながら、お年寄りでも・体が弱っている人・忙しい人、とにかくだれでも食事をとっていない人はよほどのことがない限りいないので、すぐに始めることができます。

運動の目的はエネルギーを消費することで肥満を解消するなど、生活習慣病の改善や予防を目指すものですが、食事療法では基本的にはエネルギー源となるカロリーを制限するものとなります。また、食事量を減らすだけでなく、質の改善も必要です。蛋白質、ミネラル、ビタミンなどの人間にとってかならず必要な栄養素の所要量を確保しながら、脂質や糖質を撮り過ぎないように気をつけます。特に動物性脂肪に多く含まれる飽和脂肪酸やコレステロールをさけることが重要です。

最近マスコミなどで話題のトランス脂肪酸。これはマーガリンやショートニングなどの菓子パンやケーキなどに含まれる材料を製造する際、液状の不飽和脂肪酸を固形化するために水素を加えることで脂肪を飽和脂肪酸に変化させているものです。このトランス脂肪酸を摂取すると、腸内の悪玉コレステロールを増加させ、善玉コレステロールを減少させるたり、そのほか血管に詰まりやすく、脂肪を代謝させにくい体を作ってしまうといわれています。トランス脂肪酸の摂取をさけ、アマニ油などの不飽和脂肪酸を摂取するとよいといわれています。

食の欧米化が進んでいる影響で、生活習慣病も増えているといわれいます。それに対して、医療界からも日本人はやはり和食中心が好ましいということがいわれています。とくかくバランスよく多くの品目を、腹八分目で適量を食べるようにすることが重要です。

スポンサードリンク

■本サイト人気コンテンツ


★ 自分で出来る生活習慣病の検査
生活習慣病に対する関心が急速に高まる中、生活習慣病を自宅で検査できる自己検査キットも最近はいろいろなものが出回っています。メタボ検診が義務付けられているから・・・ 続きを読む

★ 食事と運動による生活習慣病の予防
活習慣病の予防には、食事の方法自体もとても重要です。基本的に、食事は良く咀嚼する事、つまりよく噛んで食べることが大事です。噛むという行為は、食物を小さくして消化・・・ 続きを読む

★ 朝食抜きが生活習慣病の原因に
最近、特に若い世代中心に、朝食を取らない人が増えているようです。20代は男性の3人に1人、女性の5人に1人が朝食抜きと言われています。夜型人間が増えているため・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
◆ 子供の生活習慣病
◆ 有酸素運動の有効性
◆ 生活習慣病と保険の関係
◆ 睡眠との関係
◆ 食事による治療法