■コレステロール対策も大事


コレステロール値は、肥満、特に脂質異常症について診断を行う際に重要とされる指標となります。コレステロール値が高いと高脂血症となり、動脈硬化を引き起こす要因になると言われ、生活習慣病でも深刻な事態をもたらすことになります。このため、生活習慣病対策として、コレステロール値の測定も欠かせません。

コレステロールには、善玉(HDL)と悪玉(LDL)があるとされています。悪玉コレステロールは、細胞膜成分の材料やステロイドホルモンの合成に利用されています。しかし、血液中に増えすぎると、活性酸素などの影響によって変化し、変性LDLコレステロール(悪玉の実体)となり、血管に沈着して動脈硬化を引き起こします。善玉コレステロールは、こうした血管壁に溜まった悪玉コレステロールを剥がし、肝臓に戻すという働きがあります。

善玉コレステロールが少ないと、悪玉コレステロールが溜まり、それを駆除しようと、肥満細胞が集まります。これが、アテロームという物質になり、血管をふさいだり詰まらせる要因となります。こうしたことから、善玉コレステロールが不足すると、肥満になりやすく、また血管が詰まりやすい体質ということになります。

このため、主に善玉コレステロールの量を測定することが大事です。善玉コレステロールの量が40mg/dl未満になると、要注意のようです。善玉コレステロールを増やすためには、まず食生活の改善が基本となります。牛肉やバターなど、動物性脂肪が多い食物をなるべく控え、イワシなどの青魚、納豆や豆腐などの植物性脂肪を採る事で、善玉コレステロールの量を増やす事ができます。また、適度な運動も非常に有効です。身体を動かして汗を流す事で、善玉コレステロールが増加します。同時に、禁煙や節煙、節酒も必要です。

スポンサードリンク

■本サイト人気コンテンツ


★ 自分で出来る生活習慣病の検査
生活習慣病に対する関心が急速に高まる中、生活習慣病を自宅で検査できる自己検査キットも最近はいろいろなものが出回っています。メタボ検診が義務付けられているから・・・ 続きを読む

★ 食事と運動による生活習慣病の予防
活習慣病の予防には、食事の方法自体もとても重要です。基本的に、食事は良く咀嚼する事、つまりよく噛んで食べることが大事です。噛むという行為は、食物を小さくして消化・・・ 続きを読む

★ 朝食抜きが生活習慣病の原因に
最近、特に若い世代中心に、朝食を取らない人が増えているようです。20代は男性の3人に1人、女性の5人に1人が朝食抜きと言われています。夜型人間が増えているため・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
◆ 子供の生活習慣病
◆ 有酸素運動の有効性
◆ 生活習慣病と保険の関係
◆ 睡眠との関係
◆ 食事による治療法