■生活習慣病のチェック方法


生活習慣病を予防するのに、生活習慣病の疑いが無いか、自分で出来るチェック方法も知っておくと良いでしょう。・食事時間や食事回数が不規則。・毎日アルコールを50g以上飲んでいる。・あまり適度な運動は行っていない・運動以外に、こまめに体を動かすことがない・ジュース、炭酸飲料をよく飲んでいる・塩分の多いもの、味が濃いものを多く食べている。・揚げ物をよく食べている。・タバコを吸う。・睡眠時間が6時間以下。

このうち、全てが当てはまるなら、かなり生活習慣病の疑いがあると言わざるを得ません。一度、医院で検診を受けて診たほうが良いでしょう。当てはまるものが四つ以内なら、今のところ心配は無いといえますが、それでも、生活習慣病の可能性は潜んでいるので、注意が要ります。少し、生活習慣の改善を心がけた方が懸命です。生活習慣病は、サイレントキラー(沈黙の殺人者)といわれるだけに、初期症状も、注意していなければ見逃してしまいがちです。

初期症状として、高脂血症の場合、まぶたの黄色・ふくらみ、足首が太くなる。糖尿病の場合、のどがよく渇く、頻尿、手足のしびれ。高血圧の場合、頭痛、めまい、耳鳴り、などがあります。こうした症状が無いかどうかも、こまめにチェックするようにしましょう。自分でチェックすると同時に、定期的に健康診断を受けることも大事です。

何かの検査値が高かった場合、体調が悪くなくても、今、どこも悪くないからと安心せず、生活習慣病の予防のため、正常値に戻るように生活習慣を改めることです。その時点で異常が無くても、健康なときの数値を知っておくのも、自分で健康状態をチェックするバロメーターになります。

スポンサードリンク

■本サイト人気コンテンツ


★ 自分で出来る生活習慣病の検査
生活習慣病に対する関心が急速に高まる中、生活習慣病を自宅で検査できる自己検査キットも最近はいろいろなものが出回っています。メタボ検診が義務付けられているから・・・ 続きを読む

★ 食事と運動による生活習慣病の予防
活習慣病の予防には、食事の方法自体もとても重要です。基本的に、食事は良く咀嚼する事、つまりよく噛んで食べることが大事です。噛むという行為は、食物を小さくして消化・・・ 続きを読む

★ 朝食抜きが生活習慣病の原因に
最近、特に若い世代中心に、朝食を取らない人が増えているようです。20代は男性の3人に1人、女性の5人に1人が朝食抜きと言われています。夜型人間が増えているため・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
◆ 子供の生活習慣病
◆ 有酸素運動の有効性
◆ 生活習慣病と保険の関係
◆ 睡眠との関係
◆ 食事による治療法